ドメーヌ・ド・ラ・ヴィル・ルージュ Domaine de la Villle Rouge



生産者所在地
Location
ローヌ > クローズ・エルミタージュ
Rhone > Crozes-Hermitage
当主
Owner
セバスチャン・ジラー
Sebastien Girard
設立
Founded
1919年
1919
栽培方法
Farming
有機栽培(ビオディナミ、ビオディヴァンの認証取得済み)
Organic (Biodynamics, Certified by Biodyvin)
Website http://www.domainedelavillerouge.fr/


クローズ・エルミタージュ、期待の作り手。ドメーヌ・ド・ラ・ヴィル・ルージュ

北部ローヌのアペラシオン、クローズ・エルミタージュ。ドメーヌ・ド・ラ・ヴィル・ルージュは、クローズ・エルミタージュのメルキュロールにあります。

ドメーヌ・ド・ラ・ヴィル・ルージュは、1919年にポール・ジラーによって設立され、2006年からは、ポールの曾孫にあたるセバスチャン・ジラーがブドウ栽培やワイン作りなどドメーヌを運営しています。 クローズ・エルミタージュとサン・ジョゼフに加え、ヴァン・ド・ペイも生産しています。

セバスチャンの代になってから、栽培から醸造、瓶詰めまで、ドメーヌで一貫して行う体制を整え、ブドウ栽培を有機栽培にするなど品質の向上が著しい生産者です。

畑での作業は、手作業で行い、2012年には、有機栽培の認証を取得。現在は、ビオディナミ農法でブドウ栽培を行い、2019年に認証機関であるビオディヴァンより認証を取得しています。

2016年からは、妻のオードリーもドメーヌの運営を手伝い、これからの活躍が楽しみな作り手です。

The rising star in Crozes-Hermitage - Domaine de la Ville Rouge -

The Domaine de la Ville Rouge was founded in 1919 by Paul Girard and is located in the municipality of Mercurol three kilometers east of Crozes-Hermitage and Tain l'Hermitage.

Since 2006, Sebastien Girard, the great-grandson of Paul, is responsible for the winery.
Together with his wife Audrey since 2016, Sebastien has developed the winery, the winemaking and bottling takes place completely at the Domaine.

Almost all work is carried out by hand, whether pruning, green harvesting, harvesting and sorting grapes on the table.
The vinification is carried out in a traditional way.
The Domaine is fully organic certified from the 2012 vintage. In 2019, the Domaine de la Ville Rouge converted to biodynamic farming and certified by Biodyvin.

domaine de la ville rouge sebastian and audrey girard


ドメーヌ・ド・ラ・ヴィル・ルージュの取扱ワイン
Wines from Domaine de la Ville Rouge

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています

IGP コリンヌ・ローダニエンヌ 白 ロレ・デュ・ボワ 2017 Collines Rhodaniennes White A l’Orée du Bois 2017

3,762円(税342円)

コリンヌ・ローダニエンヌ 白 ロレ・デュ・ボワ 2017



全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています
Top