修道院と地元ワイナリーの協働から生まれた奇跡のワイン。 ブドウ栽培から醸造まで丁寧に育まれたワインは、驚きの味わいです。

フランス、ローヌ地方ヴァントゥー。 モンミレイユとヴァントゥー山が連なる地に立つル・バルー聖マドレーヌ修道院。1970年にヴァントゥーのベドワン村にあった小さな礼拝堂を訪れたジェラール・カルヴェ修道士のもとに、若い修道士が徐々に集まり、募金活動を通して建設され1989年に教会が立ち、大修道院としてローマから認められた比較的新しい修道院です。

修道院の周辺には、1309年にアヴィニョンに教皇庁を移した教皇クレメンス5世によって、教皇のワインを作るために開墾されたブドウ畑がありましたが、長い歴史の中で手入れも行き届かず、放置されていました。 手作業を重んじる修道生活の一貫として、ブドウ畑の手入れを始めた修道院の取り組みは、やがて近くに住む修道女や、地元のブドウ農家を巻き込み、修道院と地元ワイナリーがともに働くプロジェクトとして、発展します。

この活動は、神の慈悲を表すようなワインを作りたいという思いから、ヴィア・カリタティスと名付けられ、バルー修道院の周辺に広がるブドウ畑から素晴らしいワインを生み出しています。

ヴィア・カリタティスの畑は、標高300m〜550m程度の高地にあります。 モンミレイユとヴァントゥー山が連なり、ローヌの銘醸地ヴァケラスやジゴンダス、ボーム・ド・ヴニーズを見下ろす山間部です。

畑はいずれも山の斜面にあり、棚田のようなテラス状に広がります。 テラス状のブドウ畑が広がる山の光景は、多くの観光客を引きつける美しい光景ですが、機械を使うことが困難なため、畑での作業は、ほぼ手作業になり、ブドウ栽培には、大変な手間がかかります。

日々の修道生活の一部として、丁寧に作業を行う修道士や修道女、山あいの小さな畑から大きな可能性を秘めたワインができることを信じて、手間を惜しまない地元ワイナリーの農家の努力によって、良質のブドウが育ちます。

大切に育てたブドウは、醸造も丁寧に行います。 南仏のミシェル・ロランとも呼ばれ、2010年にはロバート・パーカーのエノロジスト・オブ・ザ・イヤーを獲得し、南ローヌに本拠をおく世界的に著名なコンサルタントフィリップ・カンビ氏の助言を受け、醸造にも細心の注意を払います。

ヴィア・カリタティスの完成度が高い味わいは、ぜひ実際に体験していただきたい名品です。

ヴィア・カリタティスのワインには、ヴォックス、パックス、ラックスと名付けられた3種類の銘柄があります。 いずれもラテン語で、ヴォックス(vox)は声、パックス(pax)は平和、ラックス(lux)は光の意味になります。 各銘柄ごとに入荷するワインを紹介しておりますので、下記リンクよりご覧下さい。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています


全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています
Top