ドメーヌ・ラ・シュフレーヌ バンドール  ロゼ 2018 Domaine la Suffrene Bandol Rose 2018

型番 FS01-18
販売価格 4,622円(税342円)
在庫数 156本
購入数

バンドール ロゼ ドメーヌ・ラ・シュフレーヌ 2018年

2018年は、ドメーヌ・ラ・シュフレーヌにとって特別なヴィンテージ。
記念すべき年に作られたバンドール ロゼ、お見逃しなく!


バンドール ロゼ 2018年、デキャンター・ワールド・ワイン・アワード 2019にて、最高賞ベスト・イン・ショウを2年連続受賞しました!詳細は、こちらから→

suffrene gravier piche


毎年、入荷の度にあっという間に完売してしまうバンドールのロゼワイン。
今年入荷する2018年は、作り手であるドメーヌ・ラ・シュフレーヌにとって、記念すべき特別なヴィンテージなのです。

ドメーヌ・ラ・シュフレーヌの設立者で現オーナーであるセドリック・グラヴィエ氏。1996年のドメーヌ設立以来、自社元詰のワインとオリーブオイルを生産しています。
ラ・シュフレーヌには、実はもう1人オーナーがいるのです。それがグラヴィエ氏の祖父にあたるフォルチュネ・ピシュ氏。2018年は、フォルチュネさんが90歳になった記念すべき年なのです!

Piche domaine la suffrene


現在、ドメーヌ・ラ・シュフレーヌが所有する畑は、もとはフォルチュネさんが農家としてブドウとオリーブを育ててきたもの。フォルチュネさんは、1928年にドメーヌがあるバンドールのラ・カディエール・ダジュールに生まれてから1度もこの町を離れず、ずっとブドウとオリーブを栽培してきました。

gravier domaine la suffrene


転機が訪れたのは、1996年。フランスの大学を卒業し、1年間のアメリカ留学から帰ってきた当時23歳だった孫のセドリックさんが、マルセイユからラ・カディエール・ダジュールに引っ越し、ワインとオリーブオイルを生産するドメーヌを設立したのです。
農業には興味がなかったセドリックさんですが、アメリカ滞在中にフランスの文化特に食文化の豊かさに気づき、祖父とともにワインとオリーブオイルの生産に人生を捧げる決意をしたのです。

孫の決断を喜んで受け入れた祖父フォルチュネさん。以来、ますます元気に畑仕事に精を出し、2018年に90歳を迎えました。
この記念すべき年を祝して、2018年に作られたドメーヌ・ラ・シュフレーヌのワインは、銀色に輝く「90」の数字がラベルにあしらわれています。
祖父と孫が情熱を注いで作られるドメーヌ・ラ・シュフレーヌのロゼワイン、ぜひ味わっていただきたいワインです。

生産者:ドメーヌ・ラ・シュフレーヌ
産地:フランス> バンドール
ヴィンテージ:2018
ぶどう品種:ムールヴェードル 40%、サンソー 30%、グルナッシュ 20%、カリニャン 10%

醸造:ブドウは、手摘みで収穫。セラーにて選果後、低温マセレーションを施す。エレガントでフレッシュな果実味を残すため、マロラクティック発酵は行わない。

ドメーヌ・ラ・シュフレーヌの現オーナー、セドリック・グラヴィエ氏が、自身の祖父でありもう1人のオーナーでもあるフォルチュネ・ピシュ氏とドメーヌ設立の経緯など語り合う動画をご覧いただけます。

2018年にピシュ氏が90歳の誕生日を迎えたのを記念して撮影された動画です。90歳を迎えても精力的に畑で作業するピシュ氏の情熱が伝わってくる必見の動画です。




バンドール ロゼ ドメーヌ・ラ・シュフレーヌ 2018年


2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
土日祝祭日は、倉庫休業のためワインの出荷はお休みです。
Top