top of page
検索

ブルゴーニュの白ワイン、サン・ヴェランとグジェール




バターとチーズがたっぷりのグジェールとブルゴーニュの白ワイン。

ワインもおつまみも止まらなくなる危険な時間はいかがでしょうか?


グジェールとは、シュー生地にチーズを混ぜて焼いたブルゴーニュ地方の郷土料理。

「シュー」と聞くとシュークリームを思い浮かべますが、甘いクリームがなくバターとチーズがたっぷり入ったサクサクのシューは、白ワインや軽めの赤ワインに合う塩味です。


ブルゴーニュ地方の郷土料理なので、ブルゴーニュのワインとの相性はもちろん抜群。

弊社でブルゴーニュのワインと言えば…

ドメーヌ・デュ・シャレ・プイィです。


ドメーヌ・デュ・シャレ・プイィのウェブサイトでは、生産しているワインごとにおすすめのレシピが掲載されています。

もちろん、ブルゴーニュの郷土料理グジェールも!

グジェールにおすすめのワインは、サン・ヴェラン。


これは、試してみなくては!と一念発起してドメーヌ・デュ・シャレ・プイィ直伝のレシピで作ってみましたよ。

以下、シャレ・プイィのレシピです。


【材料】

刻んだコンテチーズ 150g

バター 80g

薄力粉 150g

卵 4個

水 250ml

※コンテチーズはなかったので、料理用のシュレッドチーズを使用


【作り方】

1. バターと水、塩を鍋に入れ、沸騰させる。沸騰したら火を止め、薄力粉を加える。

木ベラで混ぜつつ弱火で加熱。生地が1つにまとまり、鍋肌から自然に離れたら火から下ろし、ボールに移す。





2.ボールに移し、数分経ったら卵を加える。

卵を混ぜ終えたら、チーズを加える。

※生地の硬さを卵で調節したいので、溶きほぐして何回かに分けて投入します。

上記の分量通りに作るとかなり重く、混ぜるのに力が必要ですがそこは根性で。

木ベラで混ぜると力を込めやすいかと。

木ベラで生地を持ち上げて、するーっと落ちるくらいが硬さの目安です。



3.オーブンを210℃に温めておく。

天板にクッキングシートを敷き、2の生地を丸めて2~3cm程度の間隔を取り並べる。

※手で丸めてもよいですが、絞り出し袋を使うとベタつかず作業しやすいです。





4.3をオーブンに入れ、20分ほど焼く。





焼き上がる頃には、チーズとバターの香ばしい香りでいっぱいになりますよ。

ドメーヌ・デュ・シャレ・プイィのサン・ヴェランは、フルーティーで強すぎない酸味が心地よいワイン。

チーズたっぷりのグジェールの香ばしさと相性抜群です。

あればあるだけ食べてしまう美味しさです。


時間に余裕がある&やる気が出た時に、ぜひ試してみてくださいね。 今回のワイン、サン・ヴェランはこちら↓↓





ワインの情報や楽しみ方などメールでお届け中! ご登録はこちらから→

閲覧数:18回0件のコメント

Comments


bottom of page