南仏ラングドック・ルーション地方にあるフィトゥー。1940年代とラングドック・ルーションでは、最も歴史のあるAOCです。このフィトゥーで、抜きん出た品質のワインを作っているのがドメーヌ・ド・ラ・ロシェリエール。主要なワイン雑誌で高く評価されるのはもちろん、フランスのワイン生産者団体であるヴィニュロン・アンデパンダン主催のコンクールで、毎年金賞を獲得していることからも、その実力の高さがうかがえます。

ドメーヌ・ド・ラ・ロシェリエールは、4代にわたりファーブル家が代々守ってきたドメーヌ。温暖で乾燥し、日照に恵まれた気候のもと15ヘクタールのブドウ畑から、だれもが「おいしい!」と思わず言ってしまうようなワインを作っています。

より質の高いワインを作りたいとの願いから、ロシェリエールでは、30年前からメソッド・クージニエと呼ばれる有機農法を取り入れています。

メソッド・クージニエとは、ワイナリーの土壌やブドウ、ブドウの木や葉に至るまで、生物学や物理化学的見地から分析し、ワイナリー独自のテロワールを深く理解し、各ワイナリーに最も適した栽培法を提供するサービスです。最新の技術に加え、周囲の自然環境を壊さぬよう有機栽培を取り入れるなど独自の活動を行っています。 ボルドーのピション・ロングヴィル、シャトー・トロタノワなどもメソッド・クージニエを取り入れています。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています

全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています
Top